2018/05/29

VLOG128



急速に出来上がりつつある、サグラダファミリアの「聖母マリアに捧げる塔」。

その壁の搬入の模様を、命の危険をかえりみず決死の...
2018/05/27

VLOG127



9年ぶりにオープンした、サン・アントニー市場
2018/05/27

カタルーニャ語学習その2

ochi.jpg

今年から勉強し出したカタルーニャ語。

今までの人生の中でスペイン語、英語、タイ語、ドイツ語とやったのですが、
それらとカタルーニャ語との大きな違いは。。

ハッキリ言って、自分がどうしようもないクラスの落ちこぼれになっていると言う事。

もちろん年齢というのもあるのですが、それよりも一番大きな理由は他の生徒が皆、スペイン人、中南米人、イタリア人と言ういわゆるラテン語圏の人間で、これまでやったことある語学教室とは全く違う次元。

ちなみに1月からわりと、私にしてはまじめに予習復習をして授業に出るのですが。。
クラスの他の生徒に完敗どころか、完全に落ちこぼれて迷惑かけてる始末。
またそれが大して勉強もして来ない生徒達にですから、この情けなさはかなりのもので、正直十数年ぶりに凹みました。

人生でこれほどの落ちこぼれ体験は生まれて初めてと言うか....
日本の皆様に分かり易いように例えるなら。。

死に物狂いで勉強して、なんとか有名進学校の灘高校や開成高校に入ったのは良いけれど周りの生徒と言えば特に努力しないで入った生徒ばかりで、初めから地頭が違って勝負にならない。努力では越えられない壁が歴然とあるという事に、こんな歳になって思い知らせれるとは。。

ただ、不思議な発見もあり....
落ちこぼれまいと必死にやってる自分と言うのも、ありきたりの日常の暮らしの中で妙に新鮮で、更にそれが老化の予防、頭の体操になっているのではと思えるところもあり、ストレスはかなり大きいんですけど、一方で充実はしているようなところもあります。


まとめ&アドバイス。。。

プライドをズタズタにされたい方、一生に一度で良いから落ちこぼれ体験をしたい方に超お勧め出来るのが、バルセロナのカタルーニャ語教室。

ちなみに、これまで大勢の日本人がカタルーニャ語に挑戦し、その殆どが途中でリタイヤした理由の一端が今回初めて解りました。

ほんと、なんでもやってみることに意味があるんですね。
2018/05/25

有ったら有っただけ、無かったら...



ビデオブログのオープニング動画の試作をしています。
こう言うの好きなんです(*^_^*)

今日のテーマは。。
「有ったら有っただけ、無かったら無かったなり」

バルセロナへ旅行で来られた方と接する仕事をして来た訳ですが、お金と時間があるからと言うか正確には余っているから、どうかすると無意味とも言える回り、動きをしている人って結構みかけます。

有ったら有っただけと言うのは、なんだか大人としてはつまらない。他にもやることがあるんじゃないのかなと思ったり。

金と時間に振り回されたくない、
ですよね、今更。
2018/05/21

白花咲く

IMG_2746.jpg

地味な植物ですがサボテン。

一年に一回、びっくりさすような花を見せてくれます。
2018/05/21

激減した日本人旅行者

akusesu.jpg

上のグラフは、バルセロナウォーカーの1年間のアクセス数の変化です。

点線が1年前、実線がこの1年。

解説を加えると。。

①がランブラス通りのテロ事件発生。

バルセロナ旅行を計画していた人、またそれ以外のニュースを見た一般の人が、ランブラス通りと検索して当サイトに来たようで、実際日本のNHKと読売新聞からも直接テロに関して問い合わせ電話がオフィスに当時ありました。

②カタルーニャ独立騒動
サイト開設以来、増加していたアクセスがここで初めて減少。
日本でも大きくニュースに取り上げられ、テロの際の影響は限定的であったにも関わらず、独立騒動はその影響が非常に大きかったのがグラフから見て取れます。尚、それ以降年末まで引き続き減少が続きます。

③年末、年始。
一旦、持ち直した様に見えたのですが長続きせず、1月の第2週から再び減少へ。
また2月~3月の春休み、卒業旅行シーズンの落ち込みは激しく前年の20~25%となりました

④ゴールデンウィーク
独立騒動も落ち着いて、日本人旅行者数の回復が見込めるのではと思っていましたが、結果は春休みより更に悪化して30%の減少。ちなみにゴールデンウィーク明けの先週Ⅰ週間のアクセスは、なんと昨年のマイナス33%。

個人旅行者の動向

基本的に、バルセロナウォーカーを読む人は個人旅行者がメインとなり、団体ツアー旅行の方は殆ど読まれないのですが、旅行者がリスクを避ける心理から言えば、どちらにしても昨年10月の独立騒動の影響は今もなお続いていることに間違いありません。

お盆、夏休み
また、通常は旅行の2,3ヶ月前に目的地の観光情報を検索するのが、海外旅行の常と言われていることから、今年の夏休みもこの調子では日本人の大幅減少は免れないと言えます。


今回は、日本人旅行者の現状とこれまでの動向についてのレポートです。

次回は欧米人、中国、韓国人などに比べ極端に慎重、臆病? になってしまう、日本人旅行者について語ってみたいと思います。
2018/05/18

春本番

1-IMG_2773.jpg

春になってサボテンが一斉に咲き出しました。


1-IMG_2774-001.jpg

植え替えの季節でもあり


1-IMG_2778.jpg


ああ、忙しい....
2018/05/14

日本人って、弱くて脆いものですよ

いつも思ってることに、基本的にはあまり盗難被害についてはくどく書いたり言ったりするのは、したくないなと。

その理由は、それで心配し過ぎて旅行を断念したり、本意で無い団体ツアー旅行に参加することで、結局はバルセロナを楽しめない人が出るからです。とは言っても、ここ数回の「HILLチャンネル」でも言いましたが、相変わらず被害に遭う人がいて、またその事例を見ると初歩的なミスが全てで、うちのサイトに書かれていることをただ実践していれば全員が何も盗られずに済んだはずでした。

何とか被害を減らしたいと言う真剣な思いがあるのですが、
ナメテかかっていると言うか、親の心、子知らずと言うのか...
バルセロナウォーカーを読んで来たと言われるのにも関わらず、まるっきり出来ていない人が多いのにビックリします。

ところで日本人って泥棒とは無縁の世界で日常暮らしているそのせいか、被害に遭うと金額の多少に関わらずたった千円ほどでも精神的にボロボロになる人がいて、見ていてそれは本当に弱くて脆いものです。もちろん困っている人は助けて、その時に出来るアドバイスをしますが.. 「どうして、読んだことを実践しなかったの?」と、一方で残念無念な思いに駆られます。

ハッキリ言ってパスポートや高額の現金、スマホそれらが盗られるのは泥棒に文句言う以前に自分自身に問題があるからで、山にトレッキングに行くの雨具も持たず、普段着やスニーカーで行くのとそれは同じ。天候が崩れたら、山のに文句言いますか? 当たり前ですが全て自分の責任。簡単に避けられたことで実践できたことだったのに、それををしなかったのですから当然です。

きつい事言うようですけど、たった数日のことなのに何でしないの?と呆れると同時に、まだまだ記事伝え方に改善の余地ありなのかと痛感する今日この頃です。
2018/05/14

カタルーニャ語

Origen-espanol-660.jpg

動画を載せているだけでは、YouTubeと何ら変わらず、ブログの意味がないのでたまには昔ながらの手法、写真と文字で記事を書くことにします。

さて、今回のネタはカタルーニャ語。
ここバルセロナでは、スペイン語以外にカタルーニャ語と言うのが話されています。
小学校では確か義務教育となっていますし、昨今の独立運動ブームの影響もあり特に市役所など公の表記には、カタルーニャ語のみが使われていたりします。

実際はと言うと、巷では都市と田舎などによっては違いますがスペイン語とカタルーニャ語は、大体半々で使われている感じです。また、またバルセロナに住む外国人の場合はほぼ100%がスペイン語で生活していて、そんな私も20年住んでいますが日常はこれまでスペイン語のみでやって来ました。

ただ、カタルーニャ語が分かればもっと便利かなと言う普段からの思いと、ひょんなことからカタルーニャ語を習う事になり今年1月より悪戦苦闘しながらやっています。

それで、半年近く勉強して気が付いた事を書いてみると。。
カタルーニャ語って結局はスペイン語に非常に似ていて、いわゆる方言と言うレベルです。
日本で言うと、標準語をスペイン語としてカタルーニャ語を方言とすると、その差はテレビで聞く普通の標準語と少し前の地方の老人が話す東北弁や九州弁のレベルの差と言うところです。

ちなみに、うちの母親は子供の頃に滋賀県の山間部で生まれ育ったんですが、私が小学生の頃に夏休みにその田舎へ一度行ったら年寄り達の言葉が何を言っているかサッパリ解らなくて、母に通訳してもらったの憶えてます。 そう昔のテレビの無かった頃、そのだいぶ以前は、日本は今では想像できないほど言葉が地方によって違ったんですよね。

さて、方言と言語の境目とは何か?
と調べてみると、ハッキリした境目は無く一つの基準としてはお互いが理解できるかどうか?と言うのがあるのですが、その基準から言えば滋賀県の山間部では日本語と違う言語が話されていたことになりますね(笑。

ところで、カタルーニャ人に方言と言うと非常に怒る人がいて
「違う言語だ!」
ついでに聞いても無いのに
「違う国だ!」
となるのですが...

まあホント、困ったちゃんが多くて...

私も困っちゃいます(笑