2018/05/27

カタルーニャ語学習その2

ochi.jpg

今年から勉強し出したカタルーニャ語。

今までの人生の中でスペイン語、英語、タイ語、ドイツ語とやったのですが、
それらとカタルーニャ語との大きな違いは。。

ハッキリ言って、自分がどうしようもないクラスの落ちこぼれになっていると言う事。

もちろん年齢というのもあるのですが、それよりも一番大きな理由は他の生徒が皆、スペイン人、中南米人、イタリア人と言ういわゆるラテン語圏の人間で、これまでやったことある語学教室とは全く違う次元。

ちなみに1月からわりと、私にしてはまじめに予習復習をして授業に出るのですが。。
クラスの他の生徒に完敗どころか、完全に落ちこぼれて迷惑かけてる始末。
またそれが大して勉強もして来ない生徒達にですから、この情けなさはかなりのもので、正直十数年ぶりに凹みました。

人生でこれほどの落ちこぼれ体験は生まれて初めてと言うか....
日本の皆様に分かり易いように例えるなら。。

死に物狂いで勉強して、なんとか有名進学校の灘高校や開成高校に入ったのは良いけれど周りの生徒と言えば特に努力しないで入った生徒ばかりで、初めから地頭が違って勝負にならない。努力では越えられない壁が歴然とあるという事に、こんな歳になって思い知らせれるとは。。

ただ、不思議な発見もあり....
落ちこぼれまいと必死にやってる自分と言うのも、ありきたりの日常の暮らしの中で妙に新鮮で、更にそれが老化の予防、頭の体操になっているのではと思えるところもあり、ストレスはかなり大きいんですけど、一方で充実はしているようなところもあります。


まとめ&アドバイス。。。

プライドをズタズタにされたい方、一生に一度で良いから落ちこぼれ体験をしたい方に超お勧め出来るのが、バルセロナのカタルーニャ語教室。

ちなみに、これまで大勢の日本人がカタルーニャ語に挑戦し、その殆どが途中でリタイヤした理由の一端が今回初めて解りました。

ほんと、なんでもやってみることに意味があるんですね。